公衆衛生学 / Public Health

群馬大学大学院医学系研究科医学部 | 付属病院 | 環境病態制御系 | 社会環境医療学講座 | 公衆衛生学分野 | (English)

沿革 History

1949年(昭和24年)
公衆衛生学講座開講
 前橋医学専門学校衛生学講座教授として1946年(昭和21年)に赴任されていた柳沢利喜雄先生を初代教授として迎え開講された。
1953年(昭和28年)
柳沢教授、出身大学である千葉大学医学部に公衆衛生学教授として転出。
1954年(昭和29年)
第二代辻達彦先生、公衆衛生学講座教授として着任。
 ハーバード大学公衆衛生学部(1951-52年)にて母子衛生学を専攻され、戦後の日本の公衆衛生に米国流の母子保健と疫学の新風をもたらした。 多くの行政医、教育研究者だけでなく、公衆衛生マインドを持った実地医家を数多く社会に送りだした。
1981年(昭和56年)
辻教授定年退官。日本歯科大学教授として転出。
1981年(昭和56年)
第三代鈴木庄亮先生、東京大学人類生態学助教授を経て公衆衛生学教授として赴任。インドネシアにおける健康生態学的調査、米国との共同疫学調査などの国際的な視野での研究を進め、国内だけでなく海外からも大学院留学生を迎え入れ育て上げた。
1997年(平成9年)
助手として笹澤吉明博士を任用。
2002年(平成14年)
鈴木教授、産業保健推進センターへ所長として転出。
2002年(平成14年)
第四代小山 洋教授着任。
2003年(平成15年)
川田智之助教授、日本医科大学衛生公衆衛生学講座教授として転出。助手として宮崎賀織博士を任用。
2004年(平成16年)
助教授として中澤 港博士を任用。
2005年(平成17年)
笹澤助手、高崎健康福祉大学へ助教授として転出。
宮崎助手、退職。
助手として勝矢陽子氏を任用。
助手として小林健司氏を任用。
2006年(平成18年)
小林助手、退職。技術補佐員として再任用。
助手として大谷哲也博士を任用。
2007年(平成19年)
助教授→准教授,助手→助教と職位変更。
2008年(平成20年)
勝矢助教、退職
大谷助教、退職
分野名が生態情報学から公衆衛生学に復帰。
助教として山崎千穂博士を任用。
助教として亀尾聡美博士を任用(10月1日)。。
2012年(平成24年)
中澤 港准教授、神戸大学へ教授として転出。
2013年(平成25年)
小林健司氏、北里大学保健衛生専門学院へ転出。
2015年(平成27年)
准教授として井上 顕博士を任用。

【このサイトのトップページURL】http://publichealth.dept.med.gunma-u.ac.jp/

群馬大学大学院医学系研究科社会環境医療学講座公衆衛生学分野
〒371-8511 前橋市昭和町3-39-22
基礎医学棟5階: Phone: 027-220-8013 / FAX: 027-220-8016