群馬大学HP 群馬大学医学部医学科HP






 
医学部学生 (シラバスはこちら) 
群馬大学における公衆衛生学の教育は、以下の4本柱で行われています。 
1)  2年次  「医学情報処理演習」 
    医学統計学を学び,統計解析ソフトEZRで解析を実践 
2)  3年次  「公衆衛生学講義」 
    公衆衛生学領域全般についての系統講義 
3)  5年次  「地域保健実習」 
    個別実習(課題設定→実習→発表) 
4)  6年次  「保健医療福祉論集中講義」 
    基本的事項の確認や最新知見の補充 
     
今後もこの4本柱を踏襲するとともに、「公衆衛生マインド」を持った医師の育成という目標に向けて特に、3)の地域保健実習を重視していきたいと考えています。この実習は、個々の学生が自ら課題を設定し、教官との討論によって内容を具体化し、様々な施設や専門家に依頼して実習形式で課題にとりくみ、最後に実習結果の発表会をおこなうという形で進められています。   
     
     
MD-PhD学生を随時募集しています   
公衆衛生学教室では,公衆衛生に関心を持つ学生を募集しています。MD-PhD学生として登録して,公衆衛生学における倫理問題,統計学,疫学調査,地域活動や微量元素のラボ実験などをともに行っていきたいと考えています。こうした公衆衛生学研究に興味を持っている学生は是非,応募して下さい。  
     
     
大学院生およびMD-PhD学生への教育活動   
興味のある人はどなたでも下記の勉強会へ参加することができます。学部生の皆さんの参加も歓迎します。参加をご希望される方はご連絡ください。   
 
1)  研究発表セミナー :毎月第1水曜日18:00~,医学部基礎棟5階セミナー室
社会人大学院生と教室メンバーが研究内容を発表します(1人当たり20~30分)。 
他の参加者も,発表/聴講が可能です。.
     
2) 研究レポートセミナー:毎月第2,3,4水曜日16:30~,医学部基礎棟5階セミナー室
原則,教室メンバー2名が研究内容を発表します(1人当たり20~30分)。
他の参加者も,発表/聴講が可能です。  
     
3)  輪読会:毎週金曜日17:00~,医学部基礎棟5階セミナー室
大学院生とMDPhD学生を対象に疫学に関する勉強会を開催しています。  
  テキストは「Epidemiology: An Introduction (2nd edition)」 Kenneth J. Rothman, Oxford University Press,を使用します。各自購入の上,持参してください。 
     
4)  抄読会:毎週金曜日18:00~,医学部基礎棟5階セミナー室
大学院生とMDPhD学生を対象にSocial Medicineに関する勉強会を開催しています。  
  テキストは「Just Health Meeting Health Needs Fairly」 Norman Daniels, Cambridge University Press,を使用します。興味のある方はご参加ください。 
     
5)  医療統計学勉強会:毎週火曜日17:00~,医学部基礎棟5階セミナー室  
  大学院生とMDPhD学生の有志を対象に医療統計学に関する勉強会を開催しています。  
  テキストは日本統計学会出版の「データの分析,統計学基礎」を使用します。統計学を復習したい方はどなたでも参加できます。もちろん学部学生も参加可能です。テキストを購入の上,持参してください。  
     
     
大学院生を募集しています  
公衆衛生学教室では,大学院生(修士および博士)を募集しています。また,社会人大学院生も歓迎します。社会医学を学びたい方,公衆衛生学を実践するための知識と技術を学びたい方,教室で実施している研究内容に興味をお持ちの方は,下記連絡先までお気軽にお問い合わせください。  
 
博士課程の例   
  1年目  公衆衛生学を基礎から学びます。講義や研修会の受講に時間を掛けます。 
  2年目  研究テーマに沿い,データに触れながら調査や実験のノウハウを学びます。 
  3年目  学会発表と研究論文の作成方法を学び,論文投稿までおこないます。 
  4年目  学会発表と論文作成を重ねて専門性を高めます。また学位論文を作成します。 
     
     
本教室卒業後のキャリアパス   
公衆衛生学教室の卒業後に選べる進路の例を挙げます。各自の希望に沿って丁寧に検討しますので,大学院に入学する前であってもお気軽にご相談ください。  
・公衆衛生医師   保健所や行政において,予防医学の最前線で働きます。 
・研究者  公の研究所において,特定のテーマを掘り下げ真実の解明に挑みます。 
・大学教員  大学生の教育,医学研究,実務活動による社会貢献を幅広くおこないます。 
・企業  企業における研究者,また専属産業医として働くことも可能です。 
・臨床医  公衆衛生マインドを持った臨床医として病院で勤務します。 
     




 

群馬大学 大学院医学系研究科 公衆衛生学分野 
〒371-8511 前橋市昭和町3-39-22 基礎医学棟5階: Phone: 027-220-8013 / FAX: 027-220-8016